G-ADViCE野球のことなんでも聞こう!

【打撃】「拾う」と「泳ぐ」どう違うの?

  1. 一年前

    「低めの変化球を泳ぎながらもライト前ヒット!」
    「低めの変化球を拾ってライト前ヒット!」
    という表現がありますよね。割と同じように思うのですが、「拾う」の方が良い打ち方に聞こえますが、実際何が違うのでしょうか。自分のタイミングを外された時に、どう対応したかの違いだとはなんとなくわかるのですが、どの点が違うと「拾えた」バッティングになるんですかね?ちょっとややこしい質問ですいませんが、「拾う」と「泳ぐ」の違いに関して意見ある方、教えてください。

  2. スポンサードリンク

  3. 私の感覚としての泳ぐと拾うの違いは、バットのヘッドが残っているかどうかだと思います。
    拾うは体勢を崩されながらもヘッドを残して打つ時にヘッドを利かせることができる状態。
    泳ぐはバットが出てきてしまってもうヘッドを利かせることができない状態。
    というのが私の感覚としての違いです。

  4. 泳ぎながらのバッティング
    -image-

    拾いながらのバッティング
    -image-

  5. スポンサードリンク

  6. 一年前-将夢-によって編集されました

    -image-

    バットのヘッドを残っているかどうかの差だと思います。
    ヘッドが残っている=拾える
    ヘッドが出てしまう=泳ぐ

    イチロー選手は「バットのヘッドが早めに出てしまうと、ボールに対応できる可能性がなくなる」と言っています。「泳ぐ」というのは、バットのヘッドが早めに出てしまって、ボールへの対応が小手先だけになってしまうことを指しているのだと思います。

    動画のイチローはきちんとヘッドを残し、低めの球を拾えていますね。

 

または 登録して返答...