G-ADViCE野球のことなんでも聞こう!

送りバントの有用性について

  1. 3年前

    送りバントなんかせずに打ったほうがいい、という話を聞いたのですが、それは本当ですか?
    日本だと結構送りバントしてるようで、メジャーリーグだとあまりしない、という印象ですが、「観る人にとって送りバントは地味で面白くないから、メジャーリーグでは送りバントはほとんどしない」というものではなく、戦略上、送りバントは有用性が低いのでメジャーリーグでは送りバントをほとんどしない、ということかな、とも思ったのですが、具体的になぜ有用性が低いのかを知りたいと思っています。
    お詳しい人教えてください。。

  2. スポンサードリンク

  3. セイバーメトリクスという統計データによると多くの場合、送りバントは得点の確率低下を招くという結果が出ています。そのため、メジャーリーグではあまり送りバントをしません。ただ、送りバントを一球で決めた時に生まれる流れや次の打者の打率等を天秤にかけ送りバントをする方が良いと思われるケースも間違いなく存在します。それを見極めるのが名将と呼ばれる監督なのではないでしょうか

  4. 送りバントは「成功しても得点期待値が下がる」というのが端的な答えになります。
    アウトがひとつ増えることと+走者が二塁に進むこと、で変化するシチュエーションに対する『得点期待値』が、送りバントをする前よりも下がる、ということです。
    あくまでも期待値の算出に用いられるのは平均データですので、著しく打撃能力が低い打者の打席などであれば、送りバントが有効である、という結論が出ることもありますので、常に送りバントが愚策であるとは言い切れません。

  5. スポンサードリンク

  6. いっそバントでホームランを。
    -image-

  7. 野球は
    ・守備時は「(計27コの)アウトを奪いにいくスポーツ」
    ・攻撃時は反対に「アウトを取らせないスポーツ」
    です。
    その中で、アウトを相手に渡す行為は大罪です。こちらの攻撃が終わりに近付きますからね。
    ほとんどの場合、塁を1コ2コもらうだけでは釣り合わないんです。

  8. スポンサードリンク

 

または 登録して返答...